千葉友の会

Facebook

旭市震災支援


千葉県の旭市は東日本大震災の折津波に合い、千葉友の会員の中には親戚に被害にあわれた方もおり、飯岡の仮設住宅には150世帯中まだ80世帯余りの方が入居しています。震災の年は隣接した地域でもあり何かできることはと物資をお届けしていましたが、1年経て心の痛みを少しでもお慰めしたいと2ヵ月に1度ほど友の会喫茶や昼食会で交流しています。12月と2月の昼食会には、12〜13人の会員で前日や当日朝用意した食材と、友の家から食器や鍋等を持ち込んで仮設の集会所で昼食を共にしたいと準備しました。
 40人前後の方が来られ、パック詰め弁当でなく「手作りなんだ」と喜んで下さいました。 食事の後、皆で歓談したり唱歌を歌ったりして最後に友の会会員が羽仁もと子先生作の『野の花の姿』を歌うのが恒例になりました。
 第1回目から参加されてとてもいい歌ですねと言われた女性の方が、12月には趣味でされている陶芸でこの歌詞を陶板に焼いて持ってきて下さいました。 
 2月には自作の短歌
 野の花のごときおみなら 手作りの昼餉を 被災者われらにたまわる
(読売新聞掲載)をそっと渡して下さいました。このように受け止めて下さったことを嬉しく思います。
 来年の5月まで仮設が続くとのことですが、ご健康を祈りつつ忘れない気持ちを届け、交流を深めていきたいと思います。